「初心者だけどこれからYouTubeをやってみたい。」

「YouTubeで一度は稼げたが収益化が外れた・・・でも諦めきれません・・・」

いまだに僕のもとへ多くのメッセージが届きます。

そんなあなたを助けたいという思いをカタチにしました。

↓  ↓  ↓

>>2019のYouTubeで知識0、経験0の初心者さんが
脱サラレベルで稼ぐために知っておくべきこと<<

 

Yotubeのチャンネル登録者を激増させるコツ!

Youtubeでチャンネル登録者を激増させるコツについて
下の動画で分かりやすく解説しておりますので、
参考にしてください。


Youtubeでいくつかのポイントをおさえておけば
チャンネル登録率は劇的に増えます!

 

そのポイントについて
解説していきたいと思います。

チャンネル登録は積極的にアピール

チャンネル登録をして下さいと
アピールするのとしないのとでは
これまでの私のデータからすると
差がハッキリ出ています。

 

これはおそらく単純な理由で、
一言、「チャンネル登録お願いします」と
最後に入われるとユーザーは
行動を起こしやすくなるのだと思います。

 

根底にあるのは、「行動しない」です。

 

なのでちょっと背中を押してあげる感覚で
一言チャンネル登録をアピールしておくと
効果大きいですよ。

 

基本的にチャンネル登録しないユーザーの方が
圧倒的に多いので積極的にアピールしましょう!

 

Youtube外からも誘導する

すでにブログ、Facebook、twitterなどの
他の媒体をお持ちであれば、そこから誘導していくのも効果的です。

外部からのYoutubeチャンネルへのリンクを張る時に
リンクの最後に「?sub_confirmation=1」と入れておくと、
チャンネル登録を誘導する画面が出てきます。

こんな感じで
a href=”https://www.youtube.com/channel/UCAmCBdlBwsLG__aOYG3Uayg?sub_confirmation=1″ target=”_blank”

そうするとコチラのリンクのような動きになります。

私のYotubeチャンネルへのリンク

 

※Googleアカウントにログインしている状態で機能します。
そもそもログインしないとチャンネル登録は出来ませんので。

こういった感じで外部からの誘導する方法もあります。

 

チャンネルのコンセプトを明確にする

ここから少し掘り下げた話になります。

 

チャンネルのコンセプトは1つに絞って
それに沿ったチャンネル運営をするのは
めちゃくちゃ重要です。

 

いろんなジャンルの動画がアップロードされる
チャンネルより1つのジャンルで毎回
アップロードされるチャンネルの方が
ファンがつきやすいです。

 

例えば、感動的な話や面白い話や
面白画像やホラー系の動画などが
アップされているチャンネルは
次にどんな動画がアップされるのか
ユーザーには全くわかりません。

 

そうじゃなくて、
感動的な話をコンセプトにしたなら
「感動」の動画だけしかアップしないチャンネルにすれば

 

ユーザーは「次の動画が楽しみ」
という気持ちになりやすく、
チャンネルのファンも付きやすいです。

 

コンセプトの重要性

私も最初の頃はコンセプトの重要性に
気づいていなかったので、
300動画くらいアップしていても
再生数はそれなりに再生されているのに
チャンネル登録者が増えない・・・

 

という結果に悩まされていた時期があります。

 

でも、これに気づいてからは
チャンネル登録者が劇的に増えるようになり
どのジャンルを攻めてもそれなりの結果を
出せるようになりました。

 

しっかり理解していれば、1000人2000人
チャンネルなら容易に作れるようになりますし、

 

報酬にして10万円など、簡単に稼げるようになるはずです。

 

それほど重要なことですので
しっかり覚えておいてください。

 

とはいってもやはり最初は「動画数」をこなさないと
結果は出てきませんので、とにかく手を止めずに
ガンガン動画を作ってくださいね。

 

頑張っている人には私も積極的に
サポートしたいと思います。

 

 

というわけで、
今回はYoutubeでチャンネル登録者を激増させるコツ
について解説しました。

 

他にもYoutubeで稼ぐために有益な情報を
公開しておりますので、是非チェックしてみてください。

 

会社に縛られず自由に生きたいあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください