「初心者だけどこれからYouTubeをやってみたい。」

「YouTubeで一度は稼げたが収益化が外れた・・・でも諦めきれません・・・」

いまだに僕のもとへ多くのメッセージが届きます。

そんなあなたを助けたいという思いをカタチにしました。

↓  ↓  ↓

>>2019のYouTubeで知識0、経験0の初心者さんが
脱サラレベルで稼ぐために知っておくべきこと<<

 

Youtube視聴者の視聴者維持率と再生時間を伸ばすには?

Youtbeで視聴者の滞在時間と視聴者維持率を伸ばすために
何をすべきか下の動画で解説しておりますのでご覧ください。


 

視聴者維持率(平均再生率)と再生時間を伸ばすことで
関連動画や検索結果に表示されやすくなり
結果として大きな報酬に結びつきます!

平均再生率とは

平均再生率とは動画全体の何割再生されているかを表す数字です。

ユーザーが動画を最後まで見てくる人が多ければ
平均再生率が高くなりますし、

逆に動画がつまらないからすぐに閉じる人が多ければ
平均再生率は低くなります。

 

言い換えると、平均再生率は
その動画の面白さととらえる事もできます。

平均再生率を上げるためには
より面白い動画を作ればよいのです。

平均再生時間とは

再生時間とはその名のとおり、
動画が平均してどれだけの時間再生されているかを表す数字です。

 

これも本質は平均再生率と同じで、
動画が面白ければ再生時間は伸びますし、
つまらなければ再生時間は短くなります。

再生時間を伸ばすためには
維持率と同様に面白い動画をつくればよいのです。

視聴者維持率と再生時間の関連性

ここで重要なポイントがあります。

視聴者維持率と再生時間は動画の長さによっても変わってきます。

 

平均して3分見られる動画があったとして、

長さが5分の動画だったら

維持率は70%前後で再生時間は3分です。

 

動画の長さが10分の動画だったとしたら、

維持率は30%前後で再生時間は3分になります。

 

つまり維持率は再生時間を短くすると
上がりやすいです。

このように動画の長さも影響してきます。

再生数を上げたいから動画を長くしよう!
ってやると維持率は落ちるし・・・

維持率を上げたいから動画を短くよう
ってやると再生時間が落ちるし・・・

2つのバランスが大切なのです。

相対的な視聴者維持率とは

相対的な視聴者維持率は
Youtubeにアップされている同じような長さの動画と比べて
自分の動画はいいのか悪いのかを見ることが出来ます。

相対的にみたときに他よりも低い部分は
改善すべきポイントとなりますので、
ここをしっかり把握して相対的にも良い動画を
目指して下さい!

 

具体的な目標値

理想的な数字を言いますと、

視聴者維持率50%以上
再生時間が5分以上

これがひとつの基準となります。

これを上回っていれば失敗することは
ほとんど無いと思います。

意識すべきポイントは面白さ動画の長さです。

この2つを意識して、
維持率と再生時間の両方を伸ばしていってください。

そうすれば結果は必然的にでてくるはずです。

 

今回は視聴者維持率と再生時間を伸ばすために
必要な要素について解説しました。

他にもYoutubeで稼ぐために有益な情報を
公開しておりますので参考にしてみてください。

会社に縛られず自由に生きたいあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください