「初心者だけどこれからYouTubeをやってみたい。」

「YouTubeで一度は稼げたが収益化が外れた・・・でも諦めきれません・・・」

いまだに僕のもとへ多くのメッセージが届きます。

そんなあなたを助けたいという思いをカタチにしました。

↓  ↓  ↓

>>2019のYouTubeで知識0、経験0の初心者さんが
脱サラレベルで稼ぐために知っておくべきこと<<

 

Youtubeアフィリエイトで最初から完璧を目指してはいけない!

Youtubeアフィリエイトで最初から完璧を目指してはいけない!
という話を動画で解説しておりますのでご覧下さい。


 

 

Youtubeに限った話ではないですが、
最初から完璧を目指す必要など全くありません!

むしろ70%、80%くらいで突っ走った方が
よっぽど結果が出やすいです。

その理由をお話しておきたいと思います。

いきなり完璧なものなど不可能

最初から完璧に作って結果をだしてやろうと、
1動画に数時間かけて作ったりしてしまう人がいます。

ひとつ冷静になって考えてみて欲しいのですが、
その動画の良し悪しって誰が評価するんでしょうか?

Youtubeを見ているユーザーですよね?

ユーザーが良いと思えば良いし、
悪いと思えば悪いんです。

動画の見た目のクオリティが良いとか、
何時間かかった動画って部分はユーザーには関係ありません。
[br num=”1″] 5分で作った動画だとしても、
ユーザーが良いと思えばそれが正解ですし、

6時間かけて作った動画だったとしても、
ユーザーが悪いと思えば不正解なわけです。
[br num=”1″] 何が正解なのかは動画をアップロードしてみないと
分からない事ですから、

動画を作る段階、つまり正解なのか不正解なのか
分からない段階で、100%の動画にするよりかは、

もっとスピーディーに70%~80%くらいのパワーで
量をこなしていった方が
正解にめぐり合う確率が上がりますよね?

だから最初から完璧は目指さずにスピードを重視して
パワーを調整した方が効率だと思います。
[br num=”1″] だからと言って、30%くらいに
手抜きしてもいいという話でもありません。

やっぱりある程度はしっかり作らないといけませんから。

量をこなせば質も上がる

完璧を目指さずに量を重視するという話をしました。

量をこなしていくことで、データが集まっていきますので、
そこから質も上がっていきます。

「こんな風につくれば、いい反応されそうだな」

「このネタのこの部分はもっと情報を盛り込んだほうが
いい反応がとれそうだ」

といった感じで、過去のデータを元に質が上がっていきます。

つまり、正解を当てる可能性も高くなっていくという事です。

注意してほしいのは、ただ量をこなすのではなく、
そこから得られた情報を分析するという工程は入れてくださいね。

ここを意識するだけでも月に10万円の収入は
得られるようになると思います。

最初は完璧を目指さずに量を意識する

そうすれば正解の動画にどんどん近づいていきます。

このスタンスで作業するのが
私の経験上、一番効率がいいと思いますので
意識してとりくんでみてください。

 
 

今回は、Youtubeアフィリエイトで最初から
完璧を目指してはいけない!というお話でした。

他にもYoutubeで稼ぐために有益な情報を
公開しておりますので、是非チェックしてみてください。

会社に縛られず自由に生きたいあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください