「初心者だけどこれからYouTubeをやってみたい。」

「YouTubeで一度は稼げたが収益化が外れた・・・でも諦めきれません・・・」

いまだに僕のもとへ多くのメッセージが届きます。

そんなあなたを助けたいという思いをカタチにしました。

↓  ↓  ↓

>>2019のYouTubeで知識0、経験0の初心者さんが
脱サラレベルで稼ぐために知っておくべきこと<<

 

ムービーメーカーで超簡単な画像スライドショー系の動画を作る方法

ムービーメーカーで超簡単な画像スライドショー系の動画を
作る方法について動画が解説しておりますのでご覧ください。


 

画像スライドショー系の動画はテキストクスロール動画と同じく
作成が簡単です。

スライド系は簡単に作れる上に、
テキストと組み合わせることで
表現の幅も広がりますのでサクっと覚えておきましょう!

スライド動画でデータ収集

スライド系動画はテキストスクロール系と同じで
簡単なので量産が可能です。

量産が可能という事は大量にアップロードできるので
データをとるという点でも使えるんです。

ここからは少しグレーな話になりますが、
実践する場合は自己責任でお願いします。

例えば、画像をスライドする順番をちょっと変えると
Youtubeは違う動画と判断しますので、
1つのネタで複数の動画を生産することができます。

こうやって複数できた動画を同じチャンネルにアップするのは問題ですので、
違うチャンネルにそれぞれアップします。

この時にあえてタイトルのキーワードを買えてみたりすると
そのキーワードの需要が図れたりするので、
少ない作業時間で多くの動画を作り、そのデータがとれるんです

アドセンスは紐付けない方が安全です。

データを取るのが目的であり、
この動画で稼ぐためではありませんから。

外注化しやすい

画像スライド系の動画はテキストスクロールと同様に
作成が簡単なため、外注化がしやすいです。

画像もNEVERまとめや2chまとめを見れば
ネタが豊富ですから、ネタに困ることもありません。

ある程度稼ぐ流れが見えた段階で
思い切って外注化してみるのもありだと思います。

他とカブりやすい

スライド系の動画も作成が簡単なため、
誰でも作れちゃいます。

ってことはYoutube上に同じような動画が
あふれ変えるという現象がおこります。

そうなると同じような大量の動画に飲み込まれて
あなたの動画を見てもらえるチャンスが激減していくわけです。

これを打開する方法といえば?

もうお分かりですよね?

オリジナリティを入れていくことです。

画像も単にまとめにあるのを入れるのではなく
しっかりネタを厳選し、複数の場所から集めてきて、
さらにテキストを入れてあなたのオリジナリティを入れていくと
他の大量の動画と差別化する事ができます。

そうすることであなたの動画を
見る理由を作っていきましょう!

 

単なるコピペが通用していたのは
Youtubeが始まった最初だけです。

ある程度Youtubeにもコンテンツが溜まってきたので
きっとYoutubeも同じ動画は、お腹いっぱいなんでしょうね。

スライド系も作成に慣れたら、
どんどんオリジナリティを入れて
あなたの動画を見てもらえる工夫をしていきましょう。

あなたが将来的にYoutubeで稼ぎたいと思うなら、
必須のスキルと言えると思います。

 

 

 

というわけで、今回は画像スライドショー系の動画の作り方と
攻め方について解説しました。

他にもYoutubeで稼ぐために有益な情報を公開しておりますので、
是非チェックしてみてください。

会社に縛られず自由に生きたいあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください