「初心者だけどこれからYouTubeをやってみたい。」

「YouTubeで一度は稼げたが収益化が外れた・・・でも諦めきれません・・・」

いまだに僕のもとへ多くのメッセージが届きます。

そんなあなたを助けたいという思いをカタチにしました。

↓  ↓  ↓

>>2019のYouTubeで知識0、経験0の初心者さんが
脱サラレベルで稼ぐために知っておくべきこと<<

 

Youtubeの関連動画対策で意識すべき超重要ポイント!!

Youtubeの関連動画対策で意識すべき重要なポイントについて
動画で解説しておりますので、ご覧下さい。


 

Youtubeでやるべき関連動画対策と、知らないと
削除リスクを伴うポイントについて解説したいと思います。

関連動画対策とスパムは別

関連動画が対策は関連のある動画に誘導して
関連度を意図的に高めていくことです。

注意しなければいけないポイントはスパム行為です。

Youtubeが嫌がる行為ということですね。

例えば動画の説明欄に入れる他の動画のタイトルやURLを
関連が無いにもかかわらず、再生されている動画だからといって
何でもかんでも入れまくるとか。

タグに関連のないチャンネル名やキーワードを入れまくるとか。

こういった事をすると、Youtube側から見れば迷惑ですので
スパムと判断されれば、削除される事もあります。

Youtubeは動画から動画へ誘導して、
より多くの動画を見てもらい、
長い時間Youtube内に滞在してもらいたいのです。

ですので我々は、その考えに沿って他の動画へ誘導してあげて
関連度を高めていくのが、私が推奨している関連動画対策です。

再生数を稼ぐ事を目的とした、関連の無い動画に誘導しまくったり
サムネイルやタイトルで釣って、内容が全然違ってたり、
こういった行為はスパムですので、
削除リスクがある事を知っておいてください。

関連動画対策の基本

ここで関連動画対策としてやっておきたい4つのポイントを
まとめておきます。

詳細は個別の記事で説明しているので、
チェックしておいてくださいね。

動画説明欄の記載

関連のある他の動画のタイトルやURL、再生リストを入れておく。
この時動画のチョイスはキーワードを合わせた動画にする。

関連:説明欄に記載すべき内容

タグ

自分のチャンネル名と
動画に関連のある、ユーザーが検索しそうなキーワードをいれておく。

関連:タグの設定方法と目的

再生リスト

自分の動画と他人の動画をまぜたリストを作成し、
説明欄やカード、アノテーション、終了画面で誘導する。

関連:再生リストを活用し関連動画に表示する

アノテーション、終了画面、カード

関連性の高い動画や再生リストへ誘導する。

関連:終了画面の使い方と活用方法

関連:アノテーションでチャンネル登録や他の動画への誘導する方法

関連:カード機能の説明と有効な使い方

 

以上の4つが関連動画対策の基本となります。

意識すべき重要な事

Youtubeの関連度が高まるしくみは
ユーザーの動きと大きく関連します。

他人の動画を見て、その関連表示された中から
自分の動画がクリックされて自分の動画がみられれば
この2つは関連動画高まります。

また、その回数が多ければ多いほど関連度は高くなる。

つまり、動画と動画の導線を引いてあげれば良いんです。

説明欄、再生リスト、タグ、アノテーション、カードとか
すべてこの考えがベースになってますので、
これを意識して関連動画対策してみると良い結果を生むと思います。

関連:視聴者の動きを把握しよう!

というわけで、今回は関連動画対策で意識すべき
超重要ポイントについて解説しました。

他にもYoutubeで稼ぐための有益な情報を公開しておりますので、
是非チェックしてみてください。

会社に縛られず自由に生きたいあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください